So-net無料ブログ作成

艶姿ナミダ娘 [1983年10月~12月]

作詞:康珍化 作曲・編曲:馬飼野康二 '83年11月1日(火)発売 歌:小泉今日子
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=36632
プロ野球日本シリーズで西武が25年前と西武が「○●●○●○○」という、1983年と同じ星勘定で日本一になった。今年は西暦偶数年なので、第7戦が敵地という違いがあるが。
'83年の今頃のヒット曲を11月は何曲か取り上げていくが、まずは小泉今日子の「艶姿ナミダ娘」。ここのところ、久しぶりに歌手・小泉今日子として話題を提供しているが、当時、「色っぽくなってきた」と評判だったキョンキョンが7thシングルとしてリリースしたのが、♪あですがたナーミダむすーめ いろっぽいネ(Yeah- Yeah- Yeah-)という歌い出しの「艶姿ナミダ娘」。オリコン最高位3位、100位以内登場17週、売上34.8万枚。
夕暮れの舗道で抱き合うカップル。別れ際、彼氏の肩におでこをチョコンつけて泣く女の子が「離れて淋しくないの?」と聞くと、彼氏が「馬鹿だね、明日また会えるよ」と言う。だけど涙が止まらずうつむく女の子の仕草が色っぽいネと歌っている。
私が就職して最初の社員旅行のときにこの曲を歌ってとリクエストされて歌ったのだが、歌詞カードを見ないで歌う私に対して、先輩の女性社員があきれていた。それだけこの曲が好きだということだ。いまでもちゃんと諳んじて歌えるよ。♪Yeah- Yeah- Yeah-♪の部分ではマイクを持っている手を外、内、外の順で動かしてね。

このCDの7曲目に収録

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。